バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】

バス運転手への転職事情

バス運転手は高速バスや観光バスといった民間企業での勤務が一般的ですが、公務員勤務の公営バスという働き方もできます。求人は比較的少ない傾向にありますので、タイミングを逃さずに応募することが大事です。

そのために有利な方法としてリクルートエージェントがあります。バス運転手の非公開求人を紹介してもらえるので募集時期を逃さず、しっかり転職活動をサポートしてくれますよ。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントの特徴は、情報収集や分析、選考に役立つエージェントレポートです。
・業界分析、選考のポイントというように、独自収集・分析の情報が利用でき就職に役立ちます。
・面接のノウハウ、セミナーの開催などもあり、実践的な内容で就職をサポートしてくれます。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・マイナビエージェントの一番の特徴は、豊富な関連サービスとの連携による情報量の多さです。
・関連サービスも多数ありリクルートエージェントに並んで人気です。
・求人数の多いバス運転手において、自分の希望に沿った職場を探すにはピッタリのサービスです。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・typeの特徴は何と言っても8割が非公開求人ということ。自分にマッチした求人が見つかります。
・離職や転職が多く、欠員が出た際は非公開で出されることが多いバス運転手におすすめです。
非公開求人は経験と技術があれば好待遇を受けられるので、自信のある方におすすめできます。




DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・DODAの特徴は、キャリアコンサルタントによるサポートです。客観的に自分を分析してくれます。
・キャリアに関する希望、経験といったところを総合的に判断し、各業界の動向も提供してくれます。
転職市場の専門的な情報を提供してくれるので、どのような職業の方でも安心して利用できます。



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・キャリコネの特徴は、希望勤務地ごとに求人を探せることです。他にも検索条件が豊富です。
・求人傾向は大きく変化しますが、それに対応可能なので求人情報検索に非常に役立ちます。
・自分は絶対に外せないこだわりなどを含めて、様々な条件検索も可能なのもポイントです。



バス運転手の転職事情は?

バス運転手の転職事情に関して、まず知っておきたいことは、働き方はいろいろあるという点です。通常ならばフルで正社員として働きますが、この他にも契約社員という雇用形態も多くなっています。また、就業期間についても短期のものが多く存在します。これは、例えば観光バスなどで、観光シーズンに増員をするために起こります。普段は正社員として働きつつ、観光シーズンに短期でお小遣いを稼ぐといった働き方もできるのです。他にも、アルバイトで月数回と言った働き方もあります。

また、公務員として働くこともできます。これは公営バスの運転手です。ただし、最近は民営化が進んでいることもあって、数は減少傾向にあります。民営化されても、公務員時代の雇用環境、労働環境の名残があるために、安定して働けるので人気はあります。働き方については、勤務時間もいろいろな種類があります。基本は日中の勤務ですが、夜間の高速バス専門の業務、あるいは通学バスの運転手となると、朝と夕方が勤務の中心となります。その他、観光バスならば一日かけていろいろなところを回ったり、貸切バスでその日によって異なるルートを回ることもあります。勤務時間が長い勤務先もあり、それは高速バスです。高速バスの場合、休憩や交代、仮眠などをとりつつ、丸一日の勤務をこなして、次の日は休日といった働きかたもあります。この場合、残業手当や夜勤手当などが付くため、結果として給与が多くなります。

転職については、その理由はいろいろなものがあるでしょう。中でも、バス運転手は離職率が高いという傾向がありますが、それは良い雇用環境を求めてのことが多いです。そうなると、待遇を良くするために転職を考える人が多くなってきます。雇用環境の良いところは、例えば残業も少なく、休暇も多い、育児休暇の実績もあるといったところでしょう。これに当てはまるのは大手のバス会社などです。概ね環境が整備されており、人気があります。大手のバス会社では研修なども充実しているので、初めて勤務をする場合にもおすすめできます。

他の転職理由としては、移住による転職があるでしょう。この場合、注目すべきは研修制度です。見知らぬ土地で働き始めるにあたって、研修がしっかりしていれば無理なく勤務に入っていくことができますので、ここは重要なポイントになります。その他、休日、手当、福利厚生などは会社によって大きく左右される業界なので、自分の希望を固めて、しっかり求人を探していくことが大切です。

バス運転手の求人倍率は?

求人を探すときに気になるのが倍率です。職種によって倍率は異なりますが、バス運転手の場合どうなのでしょうか?

結論からいいますと、求人倍率は高いといえます。バス運転手は、公的に発表されているデータがないため明確な求人倍率は分かりませんが、『人手が不足している』『仕事が大変』という情報が多く見受けられます。しかも人手不足は慢性化しているといいますから、年々バス運転手の求人倍率は高くなっていると考えられます。現在公的なデータは発表されていないものの、過去のデータにはバス運転手を含んだドライバーの有効求人倍率が約2倍。全業種では1.1倍になりますから、やはり求人倍率は高いといえるでしょう。

なぜ、バス運転手の求人倍率は高いのでしょうか?求人倍率が高いということはそれだけ需要があることになります。その理由は、『専門性の高さ』が関係しているようです。バス運転手として働くためには、大型2種運転免許が必要になります。普通免許や中型免許を持っている方は多いですが、大型免許を持っている方は少なく、さらに大型2種免許ということで専門性がグンと高くなります。そのため求人に比例して応募する人が少なく、応募があれば合格しやすいのでしょう。またバスの増車や減車もあり、増車すると当然欠員を防ぐために求人が出されます。そういった流れから、バス運転手の求人倍率が高くなっているのです。

ただ、あくまでバス運転手全体の求人倍率ですので、すべての地域が多くの求人を出しているわけではありません。地域によってはバス運転手の求人が滅多に出ないところもあるでしょう。50人の募集を行ったとして、3人程度しか採用されなかったというケースもあります。ですから、業界全体では求人倍率が高いものの、実際バス運転手として働けるのは決して多いとはいえないでしょう。

ちなみに、大型2種運転免許は『取得条件』も決まっています。年齢は、満21歳以上であること。すでに第2種運転免許を受けているか、普通・中型・大型・大型特殊の各自動車の第1種免許を取得している方で3年以上の運転経歴がなければいけません。視力は、片眼0.5以上。両眼では0.8以上必要になります。色彩識別では赤・黄・青(緑)が識別でき、日常会話を聞きとれる聴力が求められるでしょう。バス運転手以外にも、タクシーやハイヤー、民間救急車なども大型2種運転免許になります。『乗客を運ぶ目的』で運転するため、タクシーのようにボディが小さくても大型2種運転免許が必要になる場合があります。

TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.